耳鳴りとビタミン

 

 

耳鳴りとビタミンについて

耳鳴りの症状を和らげてくれる栄養素の一つがビタミンで、食事やサプリメントとして摂取することによって、不快な症状を和らげてくれます。

 

食べ物による耳鳴りの解消には時間が掛かりますし、直ぐに変化が生じるというわけではないものの、長期的な目で見れば美容と健康を促進できるのです。

 

そこで、このページでは耳鳴りを治すために、どのようなビタミンを摂取すれば良いのか詳しく説明しているので、是非参考にしてみてください。


ビタミンB1

耳鳴りの解消に期待がもてるビタミンの一つがビタミンB1で、小麦胚芽や大豆、落花生といった食べ物の中に含まれております。

 

この栄養素は、脳の中枢神経や末梢神経の機能を正常に保ち、血行を改善するという効果を持ち合わせているため、耳鳴りの症状を和らげることができるのです。

 

それに、ご飯やパンとった炭水化物をエネルギー源に変えるという役割も果たしており、だるさや疲労感を抱えている方も積極的にビタミンB1を摂取した方が良いかもしれません。


ビタミンB6

牛レバーといった肉類や、まぐろやいわしといった魚介類の中にはビタミンB6が含まれております。

 

ビタミンB6も上記で説明したビタミンB1と同じように、神経の機能を正常に保つという作用があるので、耳鳴りの改善に期待できるというわけです。

 

他にも、免疫機能を正常に保ってくれるという効能もあり、髪の毛や肌を健康的に維持してくれるため、美しい肌を保ちたいと考えている女性の方は、ビタミンB6が含まれた食べ物を食べた方が良いと説明できます。


ビタミンB12

あさりやレバー、ニンニクやシジミといった食べ物の中に含まれているのがビタミンB12で、末梢神経の代謝を促して造血機能を促進してくれます。

 

耳鳴りに最も効き目のあるビタミンがビタミンB12だと考えられており、耳鳴りやめまいの治療薬の中にも、この栄養素が含まれていることがあるのです。

 

普段の食事でビタミンB12を摂取していくことができないのであれば、サプリメントを利用して取り入れるようにした方が良いでしょう。


ビタミンE

アーモンドや落花生、マーガリンといった食べ物の中に含まれているのがビタミンEで、過酸化脂質を分解して、身体を老化させる活性酸素の発生を抑制してくれるという効能があります。

 

血液の循環を促す作用も持ち合わせているので、耳周辺の血行の悪化で生じやすい耳鳴りに効き目があるというわけです。

 

 

 

このサイトでご紹介しているサプリメントの美聴泉(びちょうせん)の中にも、ビタミン類が含まれており、自然の植物の成分で構成されております。

 

安全に耳鳴りといった不快な症状を和らげてくれるので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りと関係のある栄養素」に関するページ