耳鳴りと鉄分

 

 

耳鳴りと鉄分について

酸素の運搬に働きかける鉄分は人間にとって欠かせない栄養素の一つで、このミネラル分が不足すると、耳鳴りや息切れ、めまいや頭痛といった不快な症状が引き起こされやすくなります。

 

鉄分やタンパク質といった栄養素が不足して生じる鉄欠乏性貧血は、耳鳴りを引き起こす原因の一つで、現代で患っている方は意外と多くいらっしゃるのです。

 

耳鳴りが鳴り響いているような症状とともに、足元がふらつく貧血を患えば、日常生活に大きな支障が生じるということはお分かり頂けるでしょう。

 

特に、女性は月経による出血によって、体内の鉄分が不足しやすく、鉄欠乏性貧血を発症するという方が多くなっております。

 

体質的に男性よりも鉄分が不足しやすいのにも関わらず、過度のダイエットで食事制限を行っていると、若者でも耳鳴りを伴う貧血に悩まされやすいのです。

 

ビタミンやミネラルといった栄養素は、体内に長時間に渡って留めておくことができないという特徴があり、1日にまとめて取り入れたとしても全く意味がありません。

 

毎日の食生活で少しずつ鉄分を摂取していかなければならないので、豚肉や鶏肉のレバー、パセリやシジミといった食べ物を食べるべきです。

 

このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の中には、鉄分は含まれていないものの、その代わりに耳鳴りに効き目のある成分が含まれております。

 

身体の免疫力を上げるような栄養素も含まれている素晴らしい製品なので、高齢者の方は美聴泉(びちょうせん)で耳鳴りやめまいの症状を和らげてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、鉄分の不足によって必ずしも貧血が生じるというわけではありませんが、血液の中のヘモグロビンの数値が正常な状態の70%を切ると、血の気がだんだんとなくなっていきます。

 

そして、60%以下になると酸欠状態に陥り、心臓がたくさんの血液を送らなければならないということで大きな負担が加わり、耳鳴りや立ちくらみが引き起こされるという仕組みです。

 

妊娠しているという女性は、赤ちゃんをお腹の中で育てていかなければならないため、鉄分が過剰に消費されるという特徴があります。

 

女性の中でも妊婦さんは特に、上記でご説明した鉄欠乏性貧血を患いやすいので、意識的に鉄分を多く摂取できる食事を行っていかなければなりません。

 

しかし、食べ物の中に含まれている鉄分は吸収率が悪く、約10%しか体内に吸収されないので、鉄分の吸収率を高めてくれるビタミンCも同時に取り入れるべきです。

 

普段の食事でこれらの栄養素を摂取できないのであれば、通販で販売されているサプリメントを使っていきましょう。

 

 


「耳鳴りと関係のある栄養素」に関するページ