耳鳴りとマグネシウム

 

 

耳鳴りとマグネシウムについて

耳鳴りに効き目のある栄養素の一つがマグネシウムで、魚介類や海藻類、野菜類や豆類といった食品の中に含まれているため、普段の食生活で何気なく摂取しているはずです。

 

体内に含まれるミネラル分のマグネシウムには、血管を拡張させるという作用があり、血行不良によって引き起こされている耳鳴りの症状を和らげることができます。

 

個人によって耳鳴りが引き起こされている原因は大きく異なるのですが、耳周辺の血行が悪化していると症状が加速されやすいので、代謝促進作用が得られるマグネシウムを取り入れた方が良いというわけです。

 

アメリカのとあるクリニックでは、耳鳴りに悩む患者さんにマグネシウムを投与するという臨床試験が行われ、その結果耳鳴りの症状が低減することが分かりました。

 

正常な神経機能を維持するために欠かせない栄養素ですし、マグネシウムが体内から不足すると、慢性疲労やうつといった症状が進行していきます。

 

高齢者の方は加齢によってマグネシウムの吸収率が下がり、腎臓から排泄されやすくなっているため、この栄養素が含まれた食品を積極的に取り入れていかなければならないのです。

 

マグネシウムの1日の目安摂取量は、成人で370mgだと考えられており、毎日の食事で取り入れることができないのであれば、サプリメントに頼った方が良いかもしれません。

 

このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の公式サイトでは、マグネシウムが含まれているという記載はないものの、耳鳴りの症状を和らげることができます。

 

医薬品とは大きく異なり、健康食品の摂取によって副作用が生じることはほぼ皆無なので、是非美聴泉(びちょうせん)を取り入れてみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、マグネシウムはインスリンの放出にも必要不可欠な栄養素で、インスリンの使い方や作り方に異常が生じることで引き起こされる糖尿病の患者さんにも欠かせないものとなっております。

 

体内でマグネシウムが不足していると、糖尿病を発症しやすいですし、糖尿病になると耳鳴りに悩まされる確率も上がるので、きちんと取り入れていかなければならないというわけです。

 

また、現代人は慢性的に不足しているという方が意外と多く、その影響で吐き気や嘔吐、食欲不振や慢性疲労が引き起こされているのかもしれません。

 

マグネシウムが含まれている具体的な食べ物としては、なまこや大豆、油揚げやあさりが挙げられ、摂取するのが難しい食品ではないはずです。

 

ただし、サプリメントを利用するという方は、過剰摂取によって低血圧や呼吸停止といった症状を引き起こす高マグネシウム血症を患うリスクがあるので注意しましょう。

 

 


「耳鳴りと関係のある栄養素」に関するページ