耳鳴りにイソフラボンは効く?

 

 

耳鳴りにイソフラボンは効くの?

大豆の中に含まれている栄養素のイソフラボンには様々な効果があり、健康や美容を促してくれます。

 

そのイソフラボンは耳鳴りに効き目があるのか疑問を抱えている方は多いかもしれません。

 

耳鼻科での治療で積極的に取り入れられているわけではありませんが、イソフラボンには末梢血管の血液をサラサラにする効能を持っていることが分かりました。

 

@肩や首が凝るのと同じように耳鳴りも血流の悪化で引き起こされやすい

A血行不良によって耳の器官が正常に働かなくなる

B大豆イソフラボンを摂取して血流を少しでも促す

C耳の機能がだんだんと回復して耳鳴りの緩和に繋がる

 

このようなメカニズムで身体の内側から作用し、ピーやキーンといった不快な耳鳴りの対策に繋がるのです。

 

それに、イソフラボンには女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする特徴があり、ホルモンバランスの乱れで心身の不調を来たす更年期障害の解消としても役立ちます。

 

耳鳴りで悩まされるのは若者よりも更年期や高齢者が多く、個人の症状や体質によってはイソフラボンを取り入れることで耳鳴りを緩和できるのではないでしょうか。

 

アグリコン型大豆イソフラボンのサプリメントを突発性難聴で悩む26人の男女へと投与する臨床試験により、トータルで半数以上の患者さんに聴力の改善が見られました。

 

無意味な対策ではありませんし、健康と美容に良い栄養素だからこそバランス良く取り入れるのは選択肢の一つです。


イソフラボンの過剰摂取には注意が必要!

適量であれば耳鳴りや難聴の改善として効果的でも、大豆イソフラボンの過剰摂取には十分に注意しなければなりません。

 

1日の摂取量の上限は75r、サプリメントからの摂取の目安は30rと設定されており、閉経前の女性が過剰に取り入れるとホルモンバランスが崩れてPMSの症状が重くなったり月経不順が引き起こされたりします。

 

これでは耳鳴りの症状が良くなっても意味がないので、毎日の生活の中でバランス良く摂取すべきです。

 

それに、イソフラボン以外にも血流を促す成分や栄養素はたくさんありますし、高齢者のために開発されたサプリメントの美聴泉(びちょうせん)にも含まれています。

 

脳や耳の血流を促す植物成分を含み、身体の内側から安全に不快な耳鳴りを抑えてくれるのです。

 

医薬品とは違って副作用のリスクはないので、一度美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 


「耳鳴りと関係のある栄養素」に関するページ