耳鳴りとカフェイン

 

 

耳鳴りとカフェインについて

コーヒーや紅茶、緑茶といった飲み物の中にはカフェインが含まれており、私たちは毎日の生活の中で何気なく摂取しております。

 

ありとあらゆる飲み物の中に含まれているカフェインは、神経を興奮させるという作用があり、過剰に摂取することで耳鳴りやめまいといった症状を誘発してしまうのです。

 

カフェイン中毒を引き起こすと言われている量は、1回に付き500mgなので、普通に飲み物を飲んで摂取する100mg〜200mg程度であれば、耳鳴りの原因となることはありません。

 

それでも、毎日のようにカフェインが配合された飲み物を飲んでいる方は、過剰摂取による耳鳴りが引き起こされても不思議ではないので、なるべく避けた方が良いと言えます。

 

神経を興奮させるとともに、脳を覚醒させるという作用もあり、寝る前にたくさん摂取していると快適な眠りを阻害する大きな原因となるのです。

 

ストレスや疲れによって耳鳴りの症状が酷くなるケースはかなり多く、快眠が得られなければ症状が悪化する一方なので、寝る前はカフェインが含まれた飲み物ではなく、ハーブティーのようにリラックス効果があるドリンクの方が良いでしょう。

 

滋養強壮を目的とするスタミナドリンクの中にも、カフェインが含まれていることが多いため、常飲しているという方は耳鳴りに悩まされやすいのです。

 

既に耳鳴りが慢性化していたとしても、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を摂取していれば、症状の悪化を防ぐことができます。

 

とは言え、カフェインが含まれた飲み物と一緒に飲んでいては意味がないので、水などと一緒に美聴泉(びちょうせん)を取り入れるようにしてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、上記ではカフェインが耳鳴りの原因になると説明致しましたが、身体に害を与えるという成分ではありません。

 

適度な量であれば、脳内の睡眠物質であるアデノシンが作用するのを妨害してくれるので、日中の眠気を和らげるという効果があります。

 

睡眠時間を確保していても、仕事中や車の運転中に眠くなってしまうことはあるので、カフェインがたっぷりと含まれたブラックコーヒーなどを飲むようにした方が良いのです。

 

それに、覚醒レベルを引き上げる作用で、大脳の精神機能を大いに高め、疲れを回復するという効能も持ち合わせております。

 

集中力を高めるという作用もあり、身体に害を及ぼす成分ではないので、上手に摂取していくことが大事なのです。

 

 


「耳鳴りと関係のある栄養素」に関するページ