キシロカインによる耳鳴りの治療

 

 

キシロカインによる耳鳴りの治療について

キシロカインを使った耳鳴りの治療は病院で行われており、リドカイン療法とも呼ばれることがあります。

 

キシロカインとは麻酔薬の一つで、静脈注射と点滴の2つの方法で体内に注入することで、耳鳴りを薬剤の力で抑制できるというわけです。

 

鼓膜に麻酔を打つということで、危険な治療なのではないかという不安があるかもしれませんが、注射針を使って注射していくとしても痛みは特にないですし、医師に処置を施してもらうのであれば、安全だと言えるでしょう。

 

もちろん、キシロカインによる治療で完全に耳鳴りが消えるというわけではないものの、精神的ストレスを緩和させるカウンセリングや、筋緊張の改善を目的とするバイオフィードバック治療を併用すれば、少しずつ症状がおさまっていきます。

 

静脈注射でキシロカインを注入すると即効性があり、点滴で注入していくと効果が持続しやすいというメリットがあるのです。

 

ただし、静脈注射の場合は消失が早く、直ぐに以前の状態に戻る可能性がありますし、点滴には投与までに時間が掛かるというデメリットがあるので、医師の判断に委ねた方が良いかもしれません。

 

とは言え、長期的に薬剤を投与しなければならない耳鳴りの治療が本当に必要なのか、という意見も出ており、他の安全な方法で治せるのであれば、その方法を取り入れた方が良いのです。

 

このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)は、病院に行く必要はなく、自宅でサプリメントを摂取していくだけで、耳鳴りやめまいといったトラブルを改善していくことができます。

 

市販薬ではなく、副作用の危険性もないので、安全に耳鳴りを治療していきたいのであれば、美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、キシロカインを使った耳鳴りの治療を病院で行うという場合は、入院が必要不可欠となります。

 

それに、場合によっては苦痛を伴うことがありますし、聴力障害に対するリスクもあるので、積極的に受けた方が良い耳鳴りの治療というわけではないのです。

 

仮に、キシロカインで耳鳴りの症状を和らげることができたとしても、別の不快な症状が身体に引き起こされていては意味がないので、薬剤を使った耳鳴りの治療法は慎重に選んだ方が良いでしょう。

 

ドラッグストアで販売されている市販薬を使うという場合も同じで、キシロカインよりも危険性は少ないものの、医薬品ということには変わりないので、副作用のリスクは存在します。

 

医薬品に頼って治療を行っていくよりも、「ストレスを取り除く」「耳鳴りの改善に効果的な栄養素を取り入れる」というように、生活習慣の見直しを中心的に行うようにしてください。

 

 


「耳鳴りの治療」に関するページ