ホワイトノイズによる耳鳴りの治療

 

 

ホワイトノイズによる耳鳴りの治療について

ホワイトノイズとは音声の中に入っているノイズのことを指し、全ての周波数においてエネルギーが均一に混じっているという特徴があります。

 

人間はホワイトノイズを無害で心地良い音だと認識しており、これを聞くことによって耳鳴りの治療に繋がるのです。

 

病院では欧米で主流となっている耳鳴りの治療のTRT療法が採用されており、サウンドジェネレーターと呼ばれる機械を使って意図的に外部からホワイトノイズを流していきます。

 

補聴器メーカーから発売されているこの機械でホワイトノイズを聞けば、耳鳴りによって引き起こされている不快な音がだんだんと気にならなくなるので、症状の緩和が期待できるという仕組みです。

 

TRT療法によって完全に耳鳴りが排除できないとしても、二つの音の対比を感覚して耳鳴りの音に順応させるのが一番の目的で、耳鳴りが気にならなくなれば日常生活に支障が出ることはなくなるでしょう。

 

この治療において音量が物凄く重要で、ホワイトノイズの音量をかすかに聞こえるように設定し、耳鳴りの音を紛れ込ませることによって、無害な音だと脳に認識させていきます。

 

つまり、「有害な音=耳鳴りによって生じている音」を、ホワイトノイズで中和させることができるので、安全に症状の緩和を目指していけるというわけです。

 

とは言え、順応の現象は短時間で起こるわけではなく、ホワイトノイズによる治療には長い時間を費やすことは多いので、同時に美聴泉(びちょうせん)の摂取をおすすめします。

 

サプリメントを使った耳鳴りの改善も、短期間で症状に変化が生じるというわけではありませんが、身体に負担を掛けずに治していけるのが最大のメリットなので、通販で販売されている美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、ホワイトノイズを赤ちゃんに聞かせることによって、良く眠ると言われているので、人間にとって心地良い音だということがお分かり頂けるはずです。

 

工事現場で流れている重低音のように、不快に感じるということはないので、ホワイトノイズを使った耳鳴りの治療が推奨されております。

 

病院での治療では、装着型ノイズジェネレーターであるTCIという機械を使っていくのですが、YouTubeでは自然界の心地良いホワイトノイズがアップロードされているので、それを聞くようにするのも一つの方法かもしれません。

 

補聴器のような機械を購入するには高い費用が掛かりますし、それが大きな負担になることも十分に考えられるので、自宅でホワイトノイズを聞いて耳鳴りを治療していくのは選択肢の一つなのです。

 

外部の過敏に感じる音とのバランスで、上手く流す音量を調節し、イヤホンなどを使って聞いていれば、少しずつ耳鳴りが気にならなくなっていきます。

 

自律神経を安定させてリラックス効果も同時に得られるので、どのような方法で耳鳴りを治療していけば良いのか分からないという方は、一度試してみてください。

 

 


「耳鳴りの治療」に関するページ