ツボによる耳鳴りの治療

 

 

ツボによる耳鳴りの治療について

忙しい時間の合間に簡単に行えるマッサージ手法の一つがツボ押しで、耳鳴りの治療として適しているということをご存知ですか。

 

耳鳴りの治療は薬物療法だけではなく、お医者さんや整体師に頼らずに解決するのも一つの方法で、自宅で改善するにはツボ押しが最も手軽に行うことができます。

 

耳鳴りの原因は個人によって大きく異なるものの、耳周辺の血行不良によって生じていることが多く、ツボを刺激することで血行を改善し、耳鳴りが解消されるという仕組みです。

 

押し方や押す頻度によって効果に差が出るので、きちんと耳鳴りを解消したいのであれば、病院で専門医の方にツボ押しの方法について伺うのが良いかもしれません。

 

それでも、押す場所さえ把握していれば、自宅でも耳鳴りを治療することが可能なので、試す価値は大いにあります。

 

そこで、このページでは、耳鳴りに効き目のあるツボの場所をご紹介しているので、どのように治療していけば良いのか分からないという方は是非試してみてください。


聴宮(ちょうきゅう)

耳たぶの直ぐ近くにあり、口を開けた時に凹むところに位置しているのが聴宮(ちょうきゅう)で、耳鳴りを治療できるツボの一つです。

 

円を描くように指圧することによって、耳周辺の血行を改善していくことができます。

 

難聴の特効ツボとも呼ばれており、耳鳴りだけではなく加齢によって聴力の衰えを感じるという方も、普段の生活で聴宮(ちょうきゅう)を押すクセを付けた方が良いかもしれません。


耳門(じもん)

上記でご説明した聴宮のツボの指1本分上に位置しているのが耳門(じもん)で、耳の穴付近と考えると非常に分かりやすいです。

 

この場所をやや強めに指の腹を使って刺激することにより、だんだんと耳鳴りの症状が和らいでいきます。


えい風(えいふう)

耳の後ろの窪んだ部分に位置しているのがえい風(えいふう)で、あまり力を入れずに、円を描く感じでマッサージをするのが大きなポイントとなっております。

 

耳疾患のツボとしてえい風(えいふう)は有名となっており、中指・人差し指・薬指を使って優しく刺激していくのです。

 

このツボは耳鳴りの治療だけではなく、歯痛にも効き目があると言われているので、知覚過敏といった症状を患っている方は、暇な時に刺激をしてみるのが良いでしょう。


中渚(ちゅうしょ)

中渚(ちゅうしょ)は、三焦経という経路に属しており、手の甲の薬指と小指に繋がる骨の中間辺りに位置しております。

 

大音量で音楽が流れるような場所へ出向き、耳鳴りを感じたりめまいや立ちくらみといった症状が現れた場合は、中渚(ちゅうしょ)を刺激するのが実に効果的です。

 

 

 

以上のようなツボを刺激するのは、耳鳴りの効果的な治療法の一つだと言えるのですが、直ぐに変化が生じるというわけではないので、同時に美聴泉(びちょうせん)の併用をおすすめします。

 

健康食品の摂取で、身体の内側から耳鳴りを治療していくのは十分に可能となっており、現在では植物性のカルシウムが配合された美味しい青汁がプレゼントされるので、是非美聴泉(びちょうせん)を注文してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りの治療」に関するページ