食事による耳鳴りの治療

 

 

食事による耳鳴りの治療について

普段の食事の内容を変えるのも耳鳴りの効果的な治療の一つで、少しずつ体質改善を図ることによって、症状が落ち着いていきます。

 

耳鳴りが引き起こされる原因は個人によって大きく異なるものの、身体の機能が低下していることは間違いなく、その状態を改善するためにはバランスの取れた食事が大切なのです。

 

食べ物から摂取する栄養素が偏っていたり、ダイエットで過度の食事制限を行っていると栄養不足に陥り、免疫力が落ちることで余計に耳鳴りに悩まされやすくなります。

 

そのため、毎日の食事を見直すことは大事で、薬による治療と同じように耳鳴りの改善効果が得られますし、その他の病気を予防することもできるかもしれません。

 

そこで、耳鳴りの治療に適した食事として黒豆や胡麻が挙げられ、黒豆には血管を広げるリノール酸や脂肪の吸収を抑制してくれるシアニジンが含まれており、胡麻には老化を防止するセサミンが配合されております。

 

血行が良くなれば耳の器官にも栄養素が行き渡りやすくなり、耳鳴りを解消することができますし、加齢が原因で耳鳴りや難聴といった症状を併発することが多いので、セサミンは重要な栄養素の一つなのです。

 

他にも、音の伝達に欠かせないと言われているのがビタミンB12で、この栄養素が不足することによって内耳の働きが悪くなり、結果として耳鳴りが引き起こされやすくなります。

 

ビタミンB12は、牛や豚のレバーや魚介類といった食べ物の中に含まれており、末梢神経や中枢神経の機能を維持するという効能もあるので、普段の食事で積極的に摂取した方が良いのです。

 

しかし、肉類をあまりにも多く摂取していると、メタボリックシンドロームといった別の問題も発生するので、シジミやアサリといった魚介類を中心に食べていくのが良いでしょう。

 

耳周辺の血行を良くするのは、上記でご説明したリノール酸だけではなく、亜鉛やレシチン、EPAも挙げられ、亜鉛は特に血液やリンパの流れを促進できるのです。

 

現代人は亜鉛不足に陥っている傾向があり、耳鳴りの治療だけではなく、めまいや立ちくらみ、生理不順といった症状の緩和に繋がるので、普段の食事で意識的に摂取していく必要があります。

 

牡蠣やうなぎ、大豆製品といった食事の中に亜鉛は含まれているのですが、普段の食生活で不足しているのであれば、サプリメントに頼るというのも選択肢の一つかもしれません。

 

このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の中には亜鉛が含まれており、耳鳴りの治療に適しているということで、多くの方から高い支持を得ております。

 

亜鉛以外にも、健康と深い関係性があるイチョウ葉エキスや、聞こえのトラブルの改善に期待できるナギイカダエキスといった栄養素も含まれているので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 


「耳鳴りの治療」に関するページ