耳鳴りとリボトリール

 

 

耳鳴りとリボトリールについて

てんかんの発作を予防するお薬がリボトリールで、主成分のクロナゼパム(Clonazepam)が配合されており、脳の神経を鎮めてくれます。

 

脳の興奮を抑えられる内服薬ということで、リボトリールの服用により、耳鳴りの症状が緩和されたという意見がありました。

 

様々な精神系や神経系の治療薬としてリボトリールは使われており、耳鳴りの症状を和らげるために医師から処方されることはありません。

 

それでも、少しでも耳鳴りの症状が和らいだという意見がある以上、リボトリールを服用したいと考えている方は多いはずです。

 

しかし、耳鳴り自体を和らげる対処というよりも、まずは何が原因で引き起こされているのか究明する必要があります。

 

10代や20代の若者でも生理現象の一つとして耳鳴りが生じることは十分にありますし、飛行機やトンネルに入った際の一時的な症状として引き起こされることはあるのです。

 

そのような耳鳴りならばリボトリールのような医薬品を服用する必要はないですし、わざわざ副作用のリスクを負うこともないでしょう。

 

高齢者の場合、引き起こされている病気が原因で耳鳴りや難聴を患うことがあり、その際は医師の指示に従って病気の治療を行わなければならないのです。

 

以上のように、「耳鳴りが酷い=リボトリールを飲む」という考え方はやめた方が良いかもしれません。

 

それに、身体に必要な栄養素を補給し、耳鳴りの症状を少しでも緩和させることはできるので、当サイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)をおすすめします。

 

高齢者から人気を得ている健康補助食品なので、どのようなサプリメントを飲めば良いのか分からないという人は美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、リボトリールに限った話ではありませんが、この薬には副作用があります。

 

「眠気」「ふらつき」「発疹」「息苦しい」「意識障害」「手足の震え」「不眠」「妄想」といった副作用が代表的です。

 

その項目の中に「耳鳴り」とは記載されていなかったので、治療のためにリボトリールを服用しても症状が酷くなることはないでしょう。

 

そもそも、副作用が引き起こされたとしても、元々の病気を治すために医薬品を服用しているので、ある程度の不快な症状は仕方がないのです。

 

リボトリールは精神疾患の治療で使われることの多い医薬品で、日常生活に支障を来たさないためにも病気への正しい対処をしなければなりません。

 

専門医の指示に従って医薬品を服用すれば、重大なトラブルが引き起こされることはないので安心してください。

 

 


「耳鳴りの治療」に関するページ