音楽による耳鳴りの治療

 

 

音楽による耳鳴りの治療について

耳鳴りで悩まされているという方は、静かな場所にいると不快な音が余計に際立つため、音楽を使った治療が効果的だと考えられております。

 

ざわざわとしている場所であれば、耳鳴りが気にならないという方でも、夜になって静かな部屋で寝ようとすると耳鳴りの音が余計に聞こえるようになり、睡眠が妨害されるというケースは意外と多いのです。

 

そこで、テレビを見たりラジオを聴いたりと、何かしらの音楽を流して色々な音を積極的に聞くようにしていれば、耳鳴りの症状は少しずつ軽減されていきます。

 

それに、音楽は発汗や心拍数、呼吸といったように無意識な動作を調節している自律神経に直接働きかけるという効果があり、この自律神経に乱れが生じることで耳鳴りが引き起こされるという方は少なくありません。

 

そのため、音楽を使った治療を行って自律神経の乱れを改善し、同時に普段の生活でストレスを溜め込まないように注意していれば、症状の緩和に繋がるというわけです。

 

音楽療法は古代ローマで精神病の治療に使われていたらしいですし、感性を高めて心を豊かにして、同時に感動を呼び起こすことができる素晴らしい存在となっております。

 

それに、音楽を使った耳鳴りの治療であれば、いちいち病院に通院する必要はないですし、自宅で症状を和らげていくことができるのです。

 

人間の耳は2万ヘルツ以上の超音波は聞こえないという特徴があり、1万9千ヘルツの高周波数であればギリギリ聞こえます。

 

この高周波数の音楽を聞いていると、自然と硬直した耳小骨筋肉をマイクロ・マッサージし、心身ともに癒してくれるはずなので、耳鳴りの治療に適していると言えるでしょう。

 

もちろん、高周波数の音楽ではなくても、自分がリラックスできれば耳鳴りの治療に代用することは十分にできるため、風や波の音が入った自然音のCDや、ヒーリングミュージックなどが良いです。

 

心身ともにリラックスすれば、ストレスが原因で悪化していた耳鳴りの症状を和らげることができるので、耳鳴りの治療に繋がるということは間違いありません。

 

どのような音楽を使って治療を行っていくにしても、耳鳴りとして引き起こされている音よりも小さい音量にするのがポイントで、上手くフィットすれば音楽を聞いているうちにだんだんと不快な音が軽減されます。

 

どの音楽が自分に合っているのかは百人百様ですし、実際に聞いてみなければ分からないので、リラックスできそうなミュージックを探してみるべきです。

 

耳鼻科を受診すれば、医療機器の一つであるサウンドジェネレータを使った治療を行うことができ、音楽を聞くことによって症状の緩和を目指していきます。

 

しかし、個人で簡単に入手できるような機械ではないので、自宅で耳鳴りを治していくのであれば、自分の好きな音楽を流すのが簡単なのです。

 

また、サプリメントに頼るのも一つの選択肢で、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)は、耳鳴りやめまいといったトラブルに効き目があります。

 

音響療法や食生活の改善など、色々な方法を試すのが耳鳴りの最適な治療なので、慢性的に引き起こされているという方は、美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りの治療」に関するページ