注射による耳鳴りの治療

 

 

注射による耳鳴りの治療について

病院によっては、耳鳴りの治療の際に内服薬を処方するのではなく、リドカインやビタミン剤、ステロイド剤といった薬品を注射する方法が採用されております。

 

これらの薬剤を注射することにより、内服薬を服用する以上に効果が表れる場合があるので、耳鳴りの治療として用いられているのです。

 

リドカインを注射して治療する場合、神経の活動電位を抑制し、その影響で耳鳴りの症状が和らぐという仕組みになっており、その効果には個人差があるものの、直ぐに症状がおさまるという方は多いでしょう。

 

しかし、頭がボーっとしたり、口唇が痺れたりと、薬剤を注射したことによって副作用が生じる可能性があるので、不快な症状が引き起こされた時にどのような対処を行えば良いのか、専門医の方に伺っておくべきです。

 

ステロイド剤の注射の場合も同じで、この医薬品には強力な消炎作用があり、内耳へと直接注入することによって耳鳴りの症状を抑えられるため、治療としてはかなり有効なのですが、専門医の中には効果を疑問視する声も上がっております。

 

治療の過程としては、最初に鼓膜に注射針を刺し、中耳にステロイド剤を流し込んでいき、中耳に流れた薬剤がのどの方にまわらないように患者さんは呼吸を止めて1分程度の間我慢してもらうのです。

 

ステロイド剤の注射は局所的な処置なので、副作用が強い薬品でもそこまで大きな副作用はないものの、個人によっては効果が期待できないことも十分にあり得るので、治療に積極的ではない専門医の方がいらっしゃるのかもしれません。

 

耳鳴りの症状があまりにも酷いという方には、注射による治療を行っても特に変化が生じないということは十分にあり得ますし、副作用だけが残って耳鳴りは改善されていないというケースもあります。

 

特に、ステロイド剤はどの医薬品よりも副作用のリスクがあり、身体に大きな負荷が加わるかもしれないので、積極的に行った方が良い治療というわけではないのです。

 

他にも、ATP製剤を鼓膜に注入し、炎症を抑えるという治療も行われており、どの薬剤を使用するにしても、何かしらの不快な症状が引き起こされるリスクがあります。

 

また、耳鳴りが軽度の方であれば、無理に注射による治療を実施しなくても、生活習慣の見直しで改善できることはあるので、絶対に注射が良いとは言えないでしょう。

 

もし、耳鳴りの症状に苦しんでいるのであれば、このサイトでご紹介しているサプリメントの美聴泉(びちょうせん)の使用をおすすめします。

 

美聴泉(びちょうせん)は健康食品なので、副作用は絶対に引き起こされませんし、注射による治療のように身体に大きな負担は掛からないので、是非一度試してみてください。


プラセンタ注射は耳鳴りに効果的?

美容面で注目を集めているプラセンタ注射は、様々な効果があると言われています。

 

・肝臓疾患

・ニキビ跡

・冷え性

・免疫力アップ

・パニック障害

・生理痛

・アトピー

・シミやシワ

 

これらの症状の改善効果が得られ、実は耳鳴りやめまいにもプラセンタ注射は効き目があるのです。

 

西洋医学的治療で耳鳴りが改善されない場合にプラセンタ注射を視野に入れる形となり、1週間に1回の処置で数ヶ月後に変化が少しずつあらわれます。

 

当然のように医療機関で治療を受ける形となるので、詳細は専門医へと相談してみてください。

 

 


「耳鳴りの治療」に関するページ