耳鳴りの治療

 

 

耳鳴りの治療について

このページでは、自宅で行える耳鳴りの治療や、実際に病院で実施されている方法について詳しくご紹介しております。

 

耳鳴りが慢性的に引き起こされている場合は、自然に治ることはないかもしれないので、何かしらの対処をしていかなければならないのです。

 

そのため、どのような耳鳴りの治療が自分に適しているのか、きちんとチェックしてみましょう。


美聴泉(びちょうせん)を使って治療しよう

このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)は、耳鳴りの治療として非常に適しております。

 

自宅で健康食品を摂取するだけで、耳鳴りだけではなくめまいの治療にも繋がりますし、市販薬というわけではないので、副作用のリスクもないのです。

 

加齢による耳鳴りやめまいを改善できるということで、美聴泉(びちょうせん)は高齢者の方から高い支持を得ており、実際に使用してみた方の口コミを見てみると、ある程度の効果が期待できることが分かります。

 

耳鳴りが酷かったからといって、闇雲に手術をしたり医薬品で治療したりすれば良いという単純なものではないので、まずは美聴泉(びちょうせん)を使って快適な生活が送れるように努力してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 


カイロプラクティック手技による治療を行おう

1日に5分間程度のエクササイズを行うだけで耳鳴りの治療に繋がる、カイロプラクティック手技という方法が流行しております。

 

日本人と台湾のハーフであるチェン先生が開発した耳鳴りの治療法で、全身のバランスを整えたり、自律神経の乱れを改善したりすることで、不快な症状が引き起こされにくくなるのです。

 

カイロプラクティック手技は耳鳴りだけではなく、肩こりや頭痛といった症状にも効き目があるため、通販でCDやテキストを購入するのは一つの選択肢かもしれません。


心理療法による治療を行おう

カウンセリングやバイオフィードバック法といったように、心理療法も耳鳴りの治療の一つとなっております。

 

それは、耳鳴りが身体に引き起こされている病気が引き金となっているのではなく、精神的な緊張やストレスによって生じているかもしれないからです。

 

仕事やプライベートでイライラとした状態が続き、更に睡眠不足で疲れを溜め込んでいては、耳鳴りやめまいといった症状が酷くなったとしてもおかしくはないでしょう。

 

心療内科や精神科であれば、カウンセラーによる心理療法を受けられるので、症状が慢性化している方は一度訪れてみるべきです。


ステロイドによる治療を受けよう

耳鳴りの治療薬として病院ではステロイド剤が処方されることがあります。

 

中でも副腎皮質ホルモン薬(プレドニン)を処方されることが多く、炎症を抑える効果が大きいのが特徴です。

 

錠剤の「プレドニン錠5mg」、注射剤の「水溶性プレドニン」、軟膏の「プレドニン眼軟膏」と3種類に大きく分けられ、どれが自分の体質に合っているのか医師へと相談してみましょう。


TRTによる治療を行おう

耳鳴りを完全に排除するのではなく、上手く順応するために処置を施す治療がTRTで、病院で実施しているところが多くなっております。

 

ここ10年くらいで欧米を中心にしてTRT治療は耳鳴りを改善する方法として取り入れられており、ノイズを発生させる機械を耳に装着し、心地良い音を流すことで耳鳴りへの意識を小さくしていくのです。

 

補聴器のような機械を耳に装着するだけなので、大変な治療というわけではありませんし、半年間から1年程度と長い期間を費やすことにより、だんだんと耳鳴りが気にならなくなっていきます。

 

全ての患者さんがTRT治療で、耳鳴りを改善できるというわけではありませんが、身体に負担を掛けずに済むというところが大きなメリットかもしれません。

 

 


「耳鳴りの治療」に関するページ