耳鳴りと糖尿病

 

 

耳鳴りと糖尿病について

中高年に多い生活習慣病の一つが糖尿病で、血糖値を下げるインスリンの作り方や使い方に異常が生じ、体内に取り入れた食物エネルギーを正常に代謝できなくなってしまいます。

 

インスリンの分泌不全によって生じる2型糖尿病と、インスリンの欠乏による1型糖尿病というように、大まかに2種類の症状に分けられるものの、どちらも耳鳴りを引き起こすことがあるのです。

 

糖尿病を患うと、血管や神経に障害が生じ、耳周辺の血行不良に繋がるため、人によっては耳鳴りが酷くなる場合があります。

 

耳鳴りが酷いだけで糖尿病を疑うという必要はありませんが、他にも不整脈や高血圧、めまいといった症状が引き起こされているのであれば、糖尿病予備軍だと考えた方が良いかもしれません。

 

糖尿病の初期状態では、目立った症状が現れないという特徴がありますが、長年に渡って放置していると耳鳴りだけではなく、神経障害や網膜症といった合併症を引き起こすリスクが増すので、専門医の下で正しい治療を行わなければならないのです。

 

とは言え、耳鳴りが糖尿病によって引き起こされているとは限らないですし、生理現象の一つとして生じることも十分にあり得るので、そこまで神経質になる必要はないと説明できます。

 

生理現象による耳鳴りが気になって仕方がないというのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)を毎日の生活に取り入れるべきです。

 

健康食品の摂取で身体の内側から健康になることができれば、耳鳴りといった不快な症状が引き起こされずに済むので、一度美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、上記では糖尿病が、インスリンの作り方などに何かしらの障害が生じることによって引き起こされると説明致しました。

 

このインスリンはホルモンの一種で、血糖値をコントロールしてエネルギー源であるブドウ糖を、身体中の臓器や細胞に届けるという重要な働きを担っております。

 

何かしらの原因でインスリンの分泌量が減れば、ブドウ糖が細胞に運ばれなくなってしまい、血液の中に溢れて血糖値が上がり、糖尿病が引き起こされるという仕組みです。

 

このような糖尿病によって耳鳴りが引き起こされているのであれば、耳鳴りを和らげるのではなく、根本的な原因を取り除くために主治医の下で治療を行っていかなければなりません。

 

専門医によって治療の方法は異なるのですが、一般的に血流改善薬や末梢神経拡張薬といった医薬品を使った薬物療法が取り入れられることが多く、用法と用量を守って服用していくことで少しずつ症状を抑えていきます。

 

同時に食生活を改善したり、運動をして身体を動かしたりと、自宅での対策も幾らか必要になるので、詳しいことは専門医に尋ねてみてください。

 

 


「耳鳴りと病気」に関するページ