耳鳴りと突発性難聴

 

 

耳鳴りと突発性難聴について

耳鳴りを引き起こす病気の一つが突発性難聴で、現在この日本には1年間で約3万5千人の患者さんがいらっしゃいます。

 

未だにはっきりとした原因は解明されていないものの、ウイルスによる感染や内耳の血流障害が引き金となっているのではないかと考えられており、同時に耳鳴りを引き起こすことがあるのです。

 

症状には個人差があるので一概には説明することができないのですが、耳が塞がったような感じがして耳鳴りが酷くなるという方や、ほとんど音が聞き取れなくなる方など、様々となっております。

 

もし、突発性難聴とともに身体のバランスを保っている三半規管が損傷すると、めまいや吐き気といった症状を伴うことがあるので、日常生活に大きな支障が出てしまうかもしれません。

 

かつての統計では40代や50代の女性が引き起こしやすいという特徴があったものの、現在では若者でも突発性難聴を発症することがあり、厚生労働省は特定疾患の一つに指定しているのです。

 

耳鳴りだけで突発性難聴を疑う必要性はありませんが、ある日突然片方の耳の聴力がシャットダウンしたら、この病気を患っている可能性が高くなります。

 

それに加え、「外耳道に閉塞がない」「鼓膜に異常がない」という状態ですと、突発性難聴だと診断されるのです。

 

しかし、絶対に治らないという病気ではなく、発症してから1週間以内に治療を開始することによって、聴力を以前の状態まで戻すことができます。

 

早めに治療を開始すれば、約6割の方が回復すると考えられており、専門医の下で正しい治療を行うことが絶対条件だと言えるのではないでしょうか。

 

どんなに遅くても、1ヶ月以内に治療を始める必要があり、この期間を過ぎると聴力が固定されてしまい、改善するのが困難だと考えられているので、突発性難聴は早期治療が欠かせないというわけです。

 

個人の症状によって治療法は異なるものの、一般的にステロイド投薬やビタミン投与、高圧酸素治療などで症状を回復させていき、薬によって同時に耳鳴りの症状も抑えることが可能となっております。

 

精神的なストレスが加わっていると、突発性難聴の症状が悪化すると考えられているので、医師が指示する薬を服用していくとともに、精神的な負荷を和らげるという対策も必要です。

 

もし、突発性難聴ではなく、生理的な現象の一つとして耳鳴りが引き起こされているのであれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)で症状の緩和が期待できます。

 

耳鳴りとめまいを和らげるために開発されたサプリメントなので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 


「耳鳴りと病気」に関するページ