耳鳴りとパニック障害

 

 

耳鳴りとパニック障害について

身体の自由が利かなくなり、激しい動悸や発汗が突然引き起こされるような症状をパニック障害と呼び、一度起こると時間を置いて再発するという特徴があります。

 

強烈なショックや過去のトラウマが原因となって強い恐怖を感じるPTSD(Post Traumatic Stress Disorder)のような症状と同じで、同時に耳鳴りが引き起こされることが多いのです。

 

パニック障害と耳鳴りに直接的な関係性があるというわけではありませんが、この病気を患っている方は首筋や肩が硬くなっていることが多いため、血行不良による耳鳴りが引き起こされやすいのかもしれません。

 

それに、パニック障害を患っていると、発作を繰り返すたびに予期不安がどんどん強まり、精神的な緊張感やストレスが溜まることで、耳鳴りの症状を悪化させているとも考えられております。

 

過度のストレスが身体に加わり、それを上手く発散することができないでいると自律神経のバランスが大きく崩れ、結果的に耳鳴りが引き起こされているのです。

 

もし、パニック障害が原因で耳鳴りの症状が悪化しているのであれば、「キーン」や「ジー」といった音の対策を行うのではなく、根本的な病気を治すような対策を行った方が良いでしょう。

 

ただの耳鳴りであれば、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)で改善が可能で、サプリメントを摂取することによってだんだんと症状が和らいでいきます。

 

めまいやふら付きといった症状にも効き目がある万能サプリなので、是非一度美聴泉(びちょうせん)を摂取してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、パニック障害の治療は基本的に薬物療法となっており、病院を受診して自分に合った医薬品を処方してもらう形となります。

 

ドラッグストアで販売されているような薬で症状を回復させることはできないので、病院での治療が必要不可欠というわけです。

 

パニック障害を患うと、耳鳴りや動悸の他にめまいといった症状が引き起こされるという特徴があるので、メリスロン錠と抗不安薬が処方されることが多くなっております。

 

また、医薬品だけに頼って治療を行っていくというわけではなく、感じる必要のない不安を和らげる認知行動療法や、身体の緊張を解く自律訓練法(リラクゼーション)、不安や恐怖を感じている場所に出向いてだんだんと慣らす暴露療法(エクスポージャー)など、様々な治療を併用していくのです。

 

完治までに長い時間が掛かる可能性は十分にあるのですが、医師の指示に従って処置を受けていれば、症状の回復は見込めるはずですし、パニック障害が原因で引き起こされていた耳鳴りにも悩まされずに済むでしょう。

 

 


「耳鳴りと病気」に関するページ