耳鳴りと認知症

 

 

耳鳴りと認知症について

年齢を重ねるとともに、発症する割合が高くなるのが認知症で、予備軍を含めると高齢者の4人に1人が認知症の疑いがあると考えられております。

 

単なる物忘れだけではなく、自宅の電話番号も覚えられないという症状に陥り、症状が進行すればするほど、他人とコミュニケーションをとっていくのが難しくなるのです。

 

医師や研究者の間では、認知症と難聴には深い関係性があると考えられており、聴力の低下によって耳鳴りを引き起こすリスクも増すので、認知症と耳鳴りには大きな関係性があると言えます。

 

症状には個人差があるので、一概には説明することができないのですが、認知症を発症している方で耳鳴りに悩まされている方は多いので、早めに対策を練った方が良いでしょう。

 

一口に認知症と言っても、脳梗塞が原因で生じる脳血管性認知症や、あまり詳しいことが解明されていないアルツハイマー型認知症というように、幾つかの種類に分けることができます。

 

どのような種類の病気を患っているにしても、耳鳴りが酷くなって会話がスムーズにできなくなったり、危機管理能力も失われるという特徴があるので、自分自身で善悪の判断が付かなくなるのです。

 

認知症は脳の働きと大きく関与していると考えられており、もしかしたら脳腫瘍や脳梗塞といった命に関わる病気を患っているかもしれないので、高齢者の方は一度病院で検査を受けた方が良いかもしれません。

 

物忘れしやすいというだけでこの病気を疑う必要はないものの、「出来事の全てを忘れる」「季節の感覚がなくなる」「判断力が鈍る」「物忘れの自覚がない」「日常生活を一人で送れなくなる」という方は、認知症の疑いがあります。

 

もし、ご家族やご友人に、気になる症状が見られたというのであれば、早急に専門医を受診させて、治療を始めていかなければならないのです。

 

基本的に、薬物療法とリハビリテーションといった治療法がとられており、完治できなくても症状を和らげることは可能で、本人の負担が軽くなるとともに耳鳴りといった症状も改善されていきます。

 

とは言え、ただの耳鳴りであれば病院を受診して専門的な治療を受けなくても、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)で、快適な日常生活を送れるようになるはずです。

 

実際に専門医の方も認めているサプリメントとなっているので、是非美聴泉(びちょうせん)を摂取して耳鳴りを和らげてみてください。

 

 


「耳鳴りと病気」に関するページ