耳鳴りとメニエール病

 

 

耳鳴りとメニエール病について

慢性的に耳鳴りやめまいといった症状が引き起こされているという方は、メニエール病という病気を発症していることがあります。

 

はっきりとした原因は未だに謎に包まれているものの、内耳のリンパが増えて水ぶくれの状態となる内リンパ水腫が大きな原因で、回転性のめまいと耳鳴りを繰り返すという特徴があるのです。

 

回転性のめまいの病状によっては、吐き気や嘔吐、バランス喪失といった症状を伴うこともあり、メニエール病によって頭痛や難聴といった症状が引き起こされるケースもあります。

 

きちんと治療を施せばメニエール病による症状を抑えることはできるものの、何度も再発を繰り返す可能性があるというところが、この病気が怖いと言われている所以かもしれません。

 

30代から50代の方がメニエール病を発症しやすいという特徴があり、その根底には過度のストレスや睡眠不足、気圧の変化や疲労が引き金となっているのです。

 

現時点では、疲労やストレスが原因の体調不良が大きく影響していることが分かっているので、規則正しい生活を送ってメニエール病の予防をしていれば、自然と耳鳴りの予防にも繋がります。

 

ほとんどの方が回転性のめまいを引き起こすということで、「めまい=メニエール病」と考えている方はいらっしゃるでしょう。

 

しかし、この病気には厳密な診断基準が設けられており、耳鳴りや耳の閉塞感を中心とする聴覚症状とめまいといった発作を引き起こし、それが反復することでメニエール病だと診断されます。

 

「耳鳴りだけ」「めまいだけ」という症状であれば、生理現象の一つかもしれないので、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の摂取がおすすめです。

 

サン・クラルテ製薬から販売されている美聴泉(びちょうせん)を摂取すれば、これらの不快な症状を和らげられるので、是非摂取してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、通常の耳鳴りとメニエール病によって生じる耳鳴りの大きな違いはその頻度で、症状が頻繁に引き起こされており、更にめまいや頭痛が酷い状態であれば、耳鼻科を受診して正しい治療を施してもらわなければならないのです。

 

メニエール病の耳鳴りは、その都度正しい治療を行って治していかなければ、聴力の悪化に繋がるかもしれないので、十分に注意しなければなりません。

 

もし、医師からメニエール病だと診断された場合、基本的には内服薬の処方が行われており、利尿剤やステロイド剤、循環改善薬や抗不安薬など、個人の症状に合わせて専門医が決めていきます。

 

数ある治療薬の中でも、利尿剤は即効性があり、症状が引き起こされそうな時に事前に服用すれば予防に繋がるというわけです。

 

もちろん、医師の指示に従って服用していくのが絶対条件なのですが、医薬品による効能だけに頼るのではなく、患者自身で生活習慣を正すことも大事だと言えるでしょう。

 

毎日の食事でしっかりと栄養素を摂取して体調の管理に気を配ったり、睡眠不足や疲労に注意してストレスを和らげるという対策も怠らないようにしてください。

 

 


「耳鳴りと病気」に関するページ