耳鳴りと高血圧

 

 

耳鳴りと高血圧の関係について

血圧が高くなる高血圧と耳鳴りには大きな関係性があり、特に理由がないのにもかかわらず耳鳴りが止まないというのであれば、高血圧の可能性があります。

 

高血圧は何かしらの理由によって血管が細くなり、今までは正常に流れていたとしても、押し出す力がいるため心臓に大きな負担が加わるのです。

 

そして、そのような状態が長期間に渡って続いていると、耳周辺の血管も徐々に固まり始め、血液がサラサラと流れない状態になって血流障害を引き起こし、耳鳴りが生じるという仕組みになっております。

 

もし、高血圧が原因で耳鳴りが生じているのであれば、頭に鳴り響いている音そのものを対処するというよりも、高血圧を改善できるような対策を打たなければなりません。

 

高血圧はサイレントキラーとも呼ばれており、初期段階では気が付かないことが非常に多くなっております。

 

そのため、身体に異常がないということで放置する方が多く、症状が進行することで大きな病気に繋がるケースもあるので、慢性的に耳鳴りや頭痛といった体調不良を感じているのであれば、病院での診察を受けてみるべきです。

 

このように、耳鳴りと高血圧は大きく関係しておりますし、放置すると脳梗塞や狭心症、心筋梗塞といった命に関わる重大な病気を招くので、高齢者の方は十分に注意してください。


耳鳴りと高血圧を漢方で治そう

耳鳴りと高血圧は、漢方薬の服用によって治る場合があり、体質改善を図ることは大事だと説明できます。

 

高血圧に効き目のある漢方を摂取して体質改善を図れば、耳鳴りや肩こり、不眠や手足のしびれといったように、その他の不快な症状の緩和に繋がるのです。

 

漢方を服用すれば、血液の質が改善されてサラサラと流れやすい状態になりますし、直接的に血圧を下げるという作用を持ち合わせた医薬品も存在します。

 

一般的に、体力があって胃腸が丈夫な方には三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)、体力が普通の方には柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、虚弱体質の方には八味地黄丸(はちみじおうがん)が適しているでしょう。

 

しかし、自分の体質に合った漢方を服用しなければ意味がありませんし、効果的に高血圧や耳鳴りを改善することはできないので、医師や薬剤師の指示を受けるべきです。

 

漢方薬であれば穏やかな作用が期待できるのでまだしも、高血圧の初期症状にいきなり降圧剤といった医薬品を使っていくのではなく、最初は食事療法や運動療法といったように、生活習慣の改善で血圧の安定化を目指します。

 

これらの措置は結果的に耳鳴りの解消にも繋がるので、規則正しい生活を送ることが大事なのはお分かり頂けるはずです。

 

また、高血圧の治療には特に効き目がありませんが、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)であれば、安全に耳鳴りの症状を和らげていくことができます。

 

医薬品ではなく、誰でも安心して摂取できる健康食品なので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

 

 


「耳鳴りと病気」に関するページ