耳鳴りと血流

 

 

耳鳴りと血流について

様々な原因で引き起こされる可能性がある耳鳴りですが、血流が悪いことによって生じている方が非常に多いようです。

 

内耳の血流が悪化しており、同時に脳の血流も良くない状態であれば、高音で鳴り響く「キーン」や電子音のような「ピー」といった耳鳴りが引き起こされやすくなります。

 

また、「ザー」や「ジー」といった低い音の耳鳴りが慢性的に生じているのであれば、中耳辺りの血流障害が大きな原因なのです。

 

どのような耳鳴りが身体に引き起こされているとしても、血流障害が絡んでいるケースが多く、加齢によって血行が悪くなりやすいので、高齢者の方ほど耳鳴りに悩まされやすいのかもしれません。

 

自分の身体の血流がどのような状態なのか、体感で判断するのは困難なものの、ストレスを過度に感じていたり、首や肩が凝っているという方は、頭部付近の血流障害を引き起こしている可能性が高くなります。

 

特に、ストレスは耳鳴りの大きな天敵で、ストレスによって自律神経の交感神経が優位になれば、身体が緊張状態に陥って耳鳴りといった不快な症状が引き起こされやすくなるのです。

 

毎日の生活で疲れを回復できていないという方は、知らず知らずのうちに血流障害を引き起こしているかもしれないので、リラックスして過ごすような工夫をした方が良いでしょう。

 

神経の調子を整えてくれるサプリメントに頼るのも一つの方法となっており、このサイトでは耳鳴りの改善に適した美聴泉(びちょうせん)をご紹介しております。

 

美聴泉(びちょうせん)で体内に栄養素を取り入れるとともに、血流を改善する工夫をすれば耳鳴りは治らない症状ではないので、是非一度購入してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、身体の血流を改善する方法の一つがツボ押しマッサージで、満遍なく解すことによって刺激が加わり、徐々に血行が回復していきます。

 

手の甲の薬指と小指の間辺りに位置している中渚(ちゅうしょ)や、耳たぶの後ろ側に位置している翳風(えいふう)が代表的なツボで、血行不良やストレスが原因で生じる耳鳴りの改善に繋がるのです。

 

また、耳の前側にはリンパが流れており、耳介前リンパ節を刺激することによって、血液とリンパの両方の流れを改善することができるでしょう。

 

ツボ押しによるセルフケアは、あいた時間を利用して気軽に行うことができますし、直ぐに変化が得られないとしても、長期的に刺激を与えていれば、何かしらの変化が生じることは十分にあり得ます。

 

しかし、耳鳴りがいつまでも続くようであれば、血流障害が原因ではなく、メニエール病や突発性難聴といった病気が引き金になっているかもしれないので、早めに病院を訪れるべきです。

 

 


「耳鳴りと病気」に関するページ