耳鳴りと逆流性食道炎

 

 

耳鳴りと逆流性食道炎について

胃液や十二指腸液が何かしらの原因で逆流し、食道が炎症を引き起こす病気のことを逆流性食道炎と呼び、20代の若者で悩まされる方が急増していると言われております。

 

胸焼けがしたり胃がムカムカしたりといった症状が一般的なのですが、逆流性食道炎によって耳鳴りを引き起こす方もいらっしゃるのです。

 

耳鳴りは基本的に耳の病気などによって引き起こされることが多いため、逆流性食道炎とは特に関係性がないと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

確かな理由があるというわけではないものの、逆流性食道炎を患うと胃酸が逆流して食道に大きな刺激が加わり、この刺激が口の中から耳管にも伝わるため、耳鳴りや耳の痛みに発展すると考えられております。

 

例えば、飛行機の離着陸の時や、エレベーターで高い場所に昇った時など、耳の中の鼓膜に違和感を覚えたという方は少なからずいらっしゃるはずです。

 

これは、体内と体外の気圧のバランスが崩れたことが大きな要因で、唾を飲み込んで耳抜きをして気圧を調節してあげれば、耳鳴りは少しずつおさまっていきます。

 

つまり、耳と口は繋がっていると言っても過言ではないため、逆流性食道炎によって耳鳴りが引き起こされる可能性があるというわけです。

 

この病気が原因であれば、逆流性食道炎を治すのが根本的な改善に繋がるので、病院で診察を受けて正しい処置を施してもらった方が良いでしょう。

 

もし、生理的な耳鳴りに悩まされているのであれば、わざわざ病院を受診しなくても、このサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)の摂取で症状は回復していきます。

 

イチョウ葉エキスやビンカマイナーなど、食べ物では摂取しづらいような栄養素がたっぷりと含まれているので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、逆流性食道炎と診断されたからといって、手術を受けなければならないというわけではなく、医師に処方された医薬品の服用によって治していくのが一般的となっております。

 

個人の体質によって異なるのですが、逆流性食道炎にはプロトポンプ阻害薬やマーロックス細粒、ヒスタミン受容体拮抗剤といった薬が使われているのです。

 

治すのが難しいという病気ではありませんし、医師の指示に従って逆流性食道炎の治療を行うことによって、症状は回復していきますし、耳鳴りが引き起こされることもなくなるでしょう。

 

ただし、薬だけを飲んでいれば逆流性食道炎が回復するという甘い病気ではなく、食事といった生活スタイルの改善も必要不可欠なので、どのような食生活を送っていけば良いのか医師に尋ねるべきです。

 

 


「耳鳴りと病気」に関するページ