耳鳴りとベンゾジアゼピン

 

 

耳鳴りとベンゾジアゼピンについて

ベンゾジアゼピンとは、不安や興奮といったものを抑制する働きがある物質のことを指し、抗不安薬の中に含まれていることが多くなっております。

 

この薬剤を長期的に服用し、感受性が低下して禁断症状のようなものが現れるベンゾジアゼピン離脱症候群に悩まされている方がおり、その時に引き起こされる症状の一つが耳鳴りです。

 

長期連用によって引き起こされるだけではなく、止めようと思って急に服用を中止する際にもベンゾジアゼピン離脱症候群が生じる可能性があり、耳鳴りといった不快な症状に悩まされます。

 

代表的な症状は耳鳴りだけではなく、倦怠感や肩こり、歯周炎や聴覚過敏なども挙げられ、日常生活に支障が出るというケースも決して珍しくありません。

 

抗不安薬だけではなく、精神安定剤や睡眠薬の中にもこの物質が含まれていることがあり、自分勝手な判断で服用していくと、ベンゾジアゼピン離脱症候群が引き起こされるのです。

 

この症状によって耳鳴りが引き起こされた場合、その根本的な原因を取り除かなければ意味がないので、薬の服用には注意が必要だと言えます。

 

医薬品の服用を中止する際も、医師の指示に従ってゆっくりと減薬していかなければならないので、用法や用量についての説明を受けなければならないのです。

 

病院を受診して、いきなり作用の強い睡眠薬や抗不安薬が処方されるということはまずないので、薬を飲み続けたからといって必ずしもベンゾジアゼピン離脱症候群に悩まされるということはないでしょう。

 

それでも、医薬品には何かしらの副作用がありますし、耳鳴りといった不快な症状が悪化することは十分にあり得るので、慎重に考えていかなければならないというわけです。

 

元々の精神的な病気を治すために、ベンゾジアゼピンが配合された医薬品を服用するという方は、専門医や薬剤師の説明をきちんと受けなければなりません。

 

このような病気によって引き起こされたのではなく、生理的な耳鳴りであれば、医薬品に頼らなくてもこのサイトでご紹介している健康食品の美聴泉(びちょうせん)を摂取すれば改善できます。

 

身体の内側から安全に、耳鳴りやめまいといった症状を緩和してくれるので、是非美聴泉(びちょうせん)を試してみてください。

 

 


「耳鳴りと病気」に関するページ