耳鳴りを精神科で

 

 

耳鳴りを精神科で治そう

精神的なストレスや心理的な原因により、耳鳴りやめまいに悩まされているという方は多く、耳鼻科での治療よりも精神科で処置を施してもらった方が良い場合もあります。

 

精神科だけではなく、心療内科を受診するのも一つの選択肢で、うつ病や自律神経失調症といった精神的な病気を患っている方が該当するのです。

 

どちらの病気も引き起こされる症状の一つとして耳鳴りが挙げられ、不快な耳鳴りが止まずストレスが溜まることが原因で、更に症状が悪化しているという方もいらっしゃいます。

 

耳鼻科で検査を受け、どこにも異常がないのであれば、メンタル面が原因で耳鳴りを引き起こしていると考えられるので、お近くの精神科や心療内科を受診した方が良いでしょう。

 

耳鳴りの背後に精神疾患が隠れていた場合、その根本的な原因を取り除かなければ、耳に鳴り響いている耳鳴りを改善することはできないのです。

 

特に、自律神経失調症を患っていると、耳鳴りだけではなく慢性的な疲労や手足のしびれ、便秘や下痢といった症状に悩まされるようになるので、なるべく早めに対処した方が良いと説明できます。

 

ストレスに弱い体質の方は、些細なことで自律神経のバランスが崩れやすいので、精神科の専門医の指示を受けて治療に励むべきです。

 

とは言え、精神疾患を患っているわけではなく、日常生活で感じたストレスが引き金になっているのであれば、病院を受診しなくてもこのサイトでご紹介している美聴泉(びちょうせん)で対処できるかもしれません。

 

もちろん、美聴泉(びちょうせん)で身体の内側から栄養素を摂取して耳鳴りを抑えていくとともに、ストレスを発散させるようにしてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、精神科で精神疾患によって耳鳴りが引き起こされているということが判明したら、基本的に投薬によって治療を行っていきます。

 

不安障害の治療に使われる抗不安薬や抗うつ薬、耳鳴りで睡眠がとれていないのであれば睡眠薬というように、個人の症状に合わせて専門医が処方する医薬品を変えるのが一般的です。

 

耳鳴りと同時にめまいが引き起こされているというのであれば、リハビリテーションの指導が行われることもあります。

 

階段や踏み台を使った昇降運動や、片足で立位を維持する運動など、自宅でリハビリに励むことによって少しずつ症状を和らげられるのです。

 

どのような治療が自分に適しているのか、素人では正しい判断を下すことができないので、症状が進行する前に精神科の専門医の指導を受けてみてください。

 

 


「耳鳴りを病院で」に関するページ
耳鳴りを耳鼻科で
・耳鳴りを精神科で
耳鳴りの検査