耳鳴りの検査

 

 

耳鳴りの検査について

耳鳴りや難聴といった異常を感じたのであれば、専門医の下で聴覚系の検査を行った方が良いと言えます。

 

突然生じて時間とともに消えていくのであれば、生理的な耳鳴りなので心配はありませんが、もしかしたら病気が引き金になっているかもしれないので、早めに耳鼻科などで検査を受けた方が良いのです。

 

耳鳴りは耳の病気だけではなく、全身の病気や心の病気が引き金となって生じていることも十分にあり得るので、病院での検査は欠かせない要素の一つだと説明できます。

 

そこで、このページでは耳鼻科といった病院で実施されている耳鳴りの検査を幾つかご紹介しているので、参考にしてみてください。


聴力検査

耳鳴りは難聴と一緒に引き起こされることが多いということで、まずは聴力検査が行われるのが一般的となっております。

 

聴力に異常が生じていないかどうか確かめる検査で、防音室で機械が出す音による反応の速度や、バイブレーターを当てて音がどのように伝わっているのか調べていくのです。

 

空気を伝わる音の気導と、頭蓋骨に伝わる音の骨導を測定することもあり、個人の聴力の程度を徹底的に調べていきます。


マスキング検査

機械で音を出し、耳鳴りの音が消えるかどうか調べるのがマスキング検査で、耳鼻科で行われることが多くなっております。

 

耳鳴りの周波数に一致した雑音を使ったり、周波数のないホワイトノイズを使ったりと、クリニックによって大きく異なるのです。

 

マスキング検査によって耳鳴りを遮断できる音を調べた後、その音を定期的に流して耳鳴りの不快な音を気にならなくさせるTRT療法を行い、身体に負担を掛けずに症状を和らげていきます。


ティンパノメトリィ

滲出性中耳炎の疑いがあるという患者さんには、ティンパノメトリィと呼ばれる検査が行われます。

 

鼓膜に音が当たった際に、どのような振動が引き起こされているのか測定する検査で、滲出性中耳炎だと診断されたら耳鳴りを引き起こしている根本的な原因を取り除いていくというわけです。


聴器レントゲン検査

慢性的な中耳炎や聴神経腫瘍の可能性があるという患者さんには、聴器レントゲン検査を行っていきます。

 

耳の周囲に存在している骨の状態をチェックするのが聴器レントゲン検査で、全てのクリニックというわけではなく、ある程度設備が整っている大きな病院でしか受けることができません。

 

耳の周囲の骨に異常が見つかった場合、何かしらの病気を患っているかもしれないので、それを治す治療を進めていくのです。

 

 


「耳鳴りを病院で」に関するページ