耳鳴りとバファリン

 

 

耳鳴りとバファリンについて

頭痛薬として最も有名な医薬品としてバファリンが挙げられ、ドラッグストアで市販されているので、服用したことのある方は多いのではないでしょうか。

 

実は、「頭が痛い時にはとりあえずバファリン」というように、気軽に服用している方が多いかもしれませんが、副作用として耳鳴りが生じる場合があります。

 

用法と用量を守って服用していれば、そこまで身体が危険な状態に晒されることはないものの、摂取量によっては耳鳴りやめまい、難聴が引き起こされるのです。

 

実際に、バファリンの服用で危険な副作用に悩まされたという方は少ないので、安全な医薬品だと考えている方が多いかもしれません。

 

それでも、医薬品ということには変わりないですし、少し頭が痛いからといって無闇にバファリンを服用していると、耳鳴りといった不快な症状に悩まされやすくなります。

 

耳鳴りが日常生活に支障を来たすということは間違いないので、あまりにも頻繁にバファリンを服用し過ぎない方が良いのです。

 

頭痛を和らげるにはツボ押しが簡単で、尚且つ一定の効果が期待でき、耳たぶの真下に位置している完骨(かんこつ)や、頭のてっぺんのブヨブヨした部分に位置している百会(ひゃくえ)が適しております。

 

これらのツボを定期的に刺激していれば、血行が良くなって頭痛が改善されるので、医薬品に頼らなければならない生活を回避できるはずです。

 

実は、耳鳴りにもツボ押しが適しており、専門医でも推奨している方は多くいらっしゃいます。

 

それでも、ツボ押しには即効性がありませんし、短期間では大きな変化が得られないかもしれないので、直ぐに食い止めたいのであればこのサイトでご紹介している健康食品の美聴泉(びちょうせん)を使ってみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら

 

 

さて、バファリンは頭痛薬というイメージが強いかもしれませんが、頭痛だけではなく全身に引き起こされる痛みの緩和に大きな効果が期待できます。

 

女性の大きな悩みの一つである生理痛や、何気ない動きが原因で生じる肩こりや腰痛、急な発熱や風邪といった症状にも効き目があるのです。

 

風邪を引いている時に、その症状を和らげるために服用するのであれば、イブプロフェンという成分が含まれた専用の「バファリンかぜEX」の方が良いかもしれません。

 

このように、様々な痛みに効き目のある市販薬なので、バファリンは多くの方から愛されているというわけです。

 

ただし、上記でも説明したように、使い方によってはバファリンの服用で耳鳴りが生じることがあるので、十分に注意しましょう。