耳鳴りに効果があるアデホスコーワ

 

 

アデホスコーワとはどんな医薬品なの?

アデホスコーワは内科や耳鼻科、脳神経外科など様々な診療科で処方されている医薬品です。

 

古い歴史を持つ医薬品で、アデホスコーワの形状は以下の3種類に分けられます。

 

・錠剤

・顆粒剤

・注射剤

 

これらの中でも錠剤が多く、各組織や筋肉の代謝を高めながら血液の流れを良くし、眼精疲労やめまいの症状を和らげる効果を持つのが特徴です。


アデホスコーワは耳鳴りに効果があるの?

耳鳴りに効果がある医薬品としてアデホスコーワが注目を集めています。

 

「適応症の中に耳鳴りと記載されていないけど大丈夫なの?」と疑問を抱えている方は少なくありません。

 

確かに、アデホスコーワの主な効能は異なり、以下では簡単にまとめてみました。

 

・調節性眼精疲労の症状を安定化させる

・心不全の症状を和らげる

・頭部外傷後遺症の諸症状を改善する

・内耳障害のめまいを和らげる

・慢性胃炎の消化管機能低下を予防する

・メニエール病によるめまいを改善する

 

しかし、めまいと同時に耳鳴りが引き起こされるケースは意外と多く、メニエール病や内耳障害に基づくめまいと医師から診断された場合はアデホスコーワが処方されるのです。

 

アデホスコーワはアデノシン三リン酸二ナトリウム水和物(ATP)と呼ばれる成分を含み、錠剤として服用することで体内へと入って血液の流れを良くする働きがあります。

 

耳鳴りの症状は耳周辺の器官の血行不良が引き金となって引き起こされやすく、アデホスコーワが役立つ大きな理由です。

 

血管の拡張と血流の増加の両方が期待でき、「内耳の血流量が増える」⇒「新陳代謝が向上する」⇒「内耳そのものの機能が高まる」⇒「キーンといった耳鳴りの症状が和らぐ」といった流れで変化が起こるでしょう。

 

即効性はないので直ぐに効果を実感できるとは限らないものの、長期的に服用すれば身体のコンディションが良くなるので専門医の指示に従って服用すべきです。


アデホスコーワに副作用はあるの?

臓器の血流を促す作用により、アデホスコーワはメニエール病や内耳障害に起因する耳鳴りに効きます。

 

比較的穏やかな作用が期待できますが、医薬品という点では変わりないので副作用のリスクには注意しなければなりません。

 

以下では、アデホスコーワの服用によって引き起こされやすい副作用の症状を幾つか挙げてみました。

 

・そう痒感

・悪心

・胃腸障害

・全身拍動感

・口内炎

・気分が落ち着かない

・頭痛

・食欲不振

 

用法や用量を守らずに服用していると不快な症状で悩まされやすく、「早く耳鳴りを治したいから・・・」という理由でアデホスコーワの服用量や回数を自分勝手な判断で増やすのは危険です。

 

もちろん、量を守っていても個人の体質によっては副作用が出るケースはあり、不安な方にはアデホスコーワではなくサプリメントの摂取をおすすめします。

 

耳のトラブルを和らげるために登場したサプリメントが美聴泉(びちょうせん)で、インターネットで高い評判を獲得しました。

 

耳鳴りで日常生活に支障が出ている高齢者のために作られているので、「身体の内側から症状を和らげたい」と考えている方は美聴泉(びちょうせん)を飲んでみてください。

 

 

>>> 美聴泉(びちょうせん)の詳細はこちら